Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Booklog

無料カウンターホスティングmixi

Recent Comment

Profile
Search this site.
 
Mobile
qrcode

一定期間更新がないため広告を表示しています



この死にかけのブログ、誰も見ていないだろうと思いつつ
久しぶりにエントリーを書いています。

前回の記事から変化した事といえば、海の近くから
都内へと拠点を移しました。理由は数えれば色々あるのですが
主な理由としては、遠距離通勤によってフリーランスの仕事や
創作活動に打ち込む時間がほぼなくなっていた事にあります。

私の常勤している企業は、新しい働き方を創るビジョンを
もっているハズなのに、私は何かにとらわれているのではなかろうか。

確かに家族と愛犬と大好きな地元と、離れることになるのは
さみしくもありました。でも家を二度離れてみて気づいたことも
たくさんあります。人間とは、ないものねだりばかりですね。

「新しい」働き方って、田舎暮らしで家族との時間が豊富で、
自然に囲まれて仕事ができるというイメージが強い気がするのですが、
リアルな社会を考えると介護で働けなかったり、スキルや学歴がないから
仕事にありつけなかったり、本当の意味では、いま自分の置かれている状況や
家族の問題、個々が一番大切にしているそのスタイルにフィットした
働き方をいつなんどきでも行えるのが「新しい」働き方ではないかなーと
今日も働きながら、考えたりして生きています。

時間はかかりそうですが、これからポートフォリオサイトも
ブログも生き返らせていく所存です。移転を考え中。。。
創作活動も始動しますので、ザオリク!(よろしく!)

エクセルシオールにて




 

UsuallyというZINEを作成しました
MOUNT ZINE 5 にて出品予定なのですが、今日はloftwork labさんで
「ZINE PARTY」というイベントでも展示がされていたため、
遊びに行ってきました!見晴らしのよいスペースでZINEがずらり。
いつもいつも他の方のZINEに感心して、はずかしくなってしまう。
もっとしっかりした読み応えのあるヤーツをいつか作ろう。



そして、その前にもうひとつ渋谷PARCOの2.5Dにて講座を聴講してきました。
渋谷でだいぶ欲張りましたよ、今日は!


長嶋りかこさんと蜂賀亨さんによる講座。かなり面白かったです。
アートディレクターとしてデザイナーとして
クライアントと同じ方向を向く事の大切さとその中で
自分のクリエイションをいかにそこへ乗せられるか、
表現ができるかという点でのバランスの難しさ。

でも、遠慮せず自分らしさを乗せていいんだ!と気付いたというお話は
私にとってもすごく気付きであり、追い風のような気がした。

クライアントさんとの相性が合わなかったりするのは仕方の無いことだけど、
作品(成功事例)をアウトプットして、自分に合った仕事を引き寄せる事も
良いスパイラルを生む手段としてすごく重要ということ。

なので、仕事以外でデザインの筋トレをしなければ成長しない!ということと、
自分発信の表現をどこかでしておかないと便秘状態(!)になってしまう・・・
というお話にも非常に共感を持ちました。

依頼に対してすべてを鵜呑みにする事は簡単だけど、同じ方向を向いて、
さらにプラスαでより良いものを自分らしく提案して表現へまとめていく。
このスキルを身につけられたら、真のアートディレクターだなあと再認識した。
長嶋さんはデザイナーでありアートディレクターであり、表現者だと思う。
創りたいに加えて「伝えたい」という欲求が滲み出ている気がしました。

今日はいろんなものを吸収できたから、頭の中がポコポコしてます。
楽しい。また創ったり働いたりの日々。進めていこう。

 

めっきりイラストを描けていない忙しい毎日なのですが
何かしらの起爆剤にー!と先日「デザインあ展」へ行ってきました。


NHKのEテレのあの佐藤卓さんの「デザインあ」の企画展。
「デザイン」の印象っておしゃれとかイケてるようなイメージがあるが(北欧とか)
お寿司、グッドデザインのしょうゆ差し、何よりも「あ」というひらがな。
日本独特のデザインをもっとみつけよう、みつめようという
メッセージが聞こえたような気がしました。

色んな部屋や仕掛け展示があったのだけど秘密にしとこ(音は小山田圭吾まんさい)

デザインマインドを養うという考えのもと、子供たちに混じって
むしろ大人達のほうが楽しんでいて、文字の「あ」をデザインして
投稿する企画にて、気付いたら本気(マジ)で描いてしまいました。。。
(これで具合が悪くなり、その後の予定が変わってしまった)
と、思ったよりもデザインマインドに刺激を受けて帰ってきました!

子供の頃、デパート好きの母親によく連れられたのだけど
海外のハデな柄の寝具とか珍しいものをたくさん見させてくれたおかげで
今の仕事につながっているのでは、と思う事がよくあります。

子供の頃の何気ない経験や体験が、その子の人生に深く影響する。
「子供」時代って本当に1分1秒とて大切な時間なのだ、と思いました。
そんでもって「デザイン×教育」というものに興味がさらにふつふつと湧いた。
ワークショップとか遊んで学べる何かを企画できたらいいなー。


新年あけましておめでとうございます

旧年は2〜3足(?)のわらじを履くことになり
お仕事でご迷惑やご心配もおかけしてしまいました
周りの皆様のフォローあっての私です 大変お世話になりました

今年はようやく自分のペースがつかめるような気がします

ありがたく携わる事のできた働き方を変えるMISSIONと同時に
実際にイラストやデザインを創る者としての
自分の役割と責任について、よく考えます

それはまるでグーグルアースみたいに
俯瞰でぐぐっとひいて丸みのある世界全体を見ていたり
時には思いっきりズームアップして私個人が創作で参加出来る
ひとつの事に全力投球しなければと思う事もあります

自分が自由にピントを合わせて働ける事をありがたくも思うし
こんな風に働ける事を楽しめる世の中にもっともっとなってほしい

それから今年は個展もしたいし、面白いものを創れる余裕がほしいっ
こんな私のイラストを好んでくれる方がいることに本当に感謝感謝です
ブログ更新もがんばろう・・・

占い診断で言われた通り、2013年は突っ走ってがんばります!!!
どうぞよろしくお願い申し上げます



実はウェルカムボード作ったの始めて!
結局、山脈を描くのが好きです。

式場のイーゼルがマホガニーのような立派な重厚さでシブかったので
若干このファンシーを置くのをためらいましたが・・・汗

地元仲間が昔からきもちわるいくらい仲が良いので
案の定というか、とても楽しい式になりました。

おまかせでオファーしてくれた新郎新婦に感謝します!
末永くカラフルでハッピーが続きますように!


フリーランス活動とか絵本作家をめざしはじめたときは
私はどうもアレもコレもと好奇心がありすぎたみたいで
仕事に展示にイラストコンペに!と とりあえずやってみてた
これ良いもの創るんじゃなくて時間にただ追われているだけ?と
自問自答することも多々あって

そう思ってから自分のやっていることから色々をそぎ落として
シンプルに自分のやりたいことを浮き彫りにしてみた

自分のことを俯瞰的によくよく見てみたら、
あー何か組織に属して働きたいんだなー(わりとさみしがり)ということと
最終的にはイラスト・絵本というジャンルにたどり着いたのでした

でもデザインという分野で培ってきたことも
どこかでだれかに必要とされて 活かせてもらえてるのなら
それって誇りをもって幸せなこと だからやめられないのです

むかし学校の講師にもArtDにも「東京は最先端で発信地だ!クリエイターが
働く&住むには最高の立地条件」みたいなことをよく言われたけど
フリーランサーになっていざネットを通してお仕事をしてみたら
地方でデザインに困ってる人が割といることに気付かされた
まさにTOKYO/SHIBUYAで「井の中の蛙 大海を知らず」でした
だから、非力ながらデザインすることもやっぱりやめられないのです

で、結局セーブしながらもいろいろやっているという・・・
アンテナめぐらせて自分のペース保って ひとつひとつ丁寧にこなしたい

つーか、ぼやぼやしてると 夏が 終わっちゃうねー



横浜元町Luontoは7月29日を持って閉店いたしました。
陶芸体験やギャラリースペースでの様々なイベントをはじめ
展示や私の雑貨を見にきてくれた方、本当にありがとう!
改めて御礼申し上げます。

最終日には軽い打ち上げをして、みんなでねぎらいました。
とっても楽しかったけど!何故かいつもよりビールが苦かった。
ひとつの拠点がなくなってしまうのはさみしいけれど
終わりと始まりを繰り返して、いい化学変化を重ねながら
またいいもの、いい場所を作っていこう!と思えた夜でした。

Luontoに興味を持ってくれたみなさま
ありがとう、またどこかでお会いしましょう!






いま、頭の中のいつもとは違うところをフル回転しています

イラストとそれに付随するようなデザイン(少々)をフリーで受けつつ
デザイナーという側面を活かす中の人!として6月から
とあるクラウドソーシングな企業の 新メンバーになりました
(といってもバイトちゃんなんですが)

大体の平日は「世界を変える!」と本気で思ってる
とてもアツい人達とお仕事しています

まだ1ヶ月も経っていないのに、すごく濃い毎日で
昔からずっといるような感覚になってきた・・・!

改善やスピード感を上げていくことにみんな真剣に取り組んでいて
でも堅苦しくはなくて、みんないい意味で 無邪気
遊ぶことを惜しまない感じも すごくキラキラしてます

何かを創る感覚 職場にはPCしかないけど、まるで粘土をこねつけて
みんなでどんどん何かを大きくしていくような感覚に陥ることもある

絵や立体物だけじゃないんだな、創るって

「創る」って素敵です


紙雑貨を置いて頂き、スタッフとしてふわっとお手伝いしていた
元町の雑貨店Luontoがいよいよグランドフィナーレです!
閉店7月29日までと短い間ですが、イベント色々あります。
素敵な屋根裏空間と
あたたかいハンドメイド作品をぜひ味わいに行ってみてください。

いま思えばmikakoちゃんは、陶芸家ほやほやでお店を開き、
私は絵を描くと言い出して仕事をやめてしまい
フリーランスを始めようなんて思ってもみなかった。

お店を取り仕切って作りあげたのはmikakoちゃんで
看板ロゴを手伝ったのは私かもしれないけど

何よりもmikakoちゃんママと家族のみなさん
いつもお手伝いしてくれたmikakoちゃんの友人
作家さん達、そしていつも訪ねてくれるお客さんなど
周りの人みんなでつながって
出来上がっていたお店なんだと思います。
あたたかい作品が多いからか特にそう思う。

店づくりの現場に居る事ができてとても楽しかったし、
キッカケがあって今があるのでとても感謝してます。ありがとう。

Luontoという名前は温存してまたどこかで何か始める予定だそう。
今月の気持ちのよい休日は、元町Luontoへお越しくださいませ!


イベントや陶芸体験はブログでご確認ください。


GW、強風の逗子にて